ドイツで人気ナンバー1!!フレッシュで濃厚なチーズ クワルクは、こちら

クアルクとジャム フレッシュチーズ
スポンサーリンク

意外かもしれませんが、ドイツのチーズの生産量は、フランスやイタリアより多いのです。カマンベールを作っているフランスやパルミジャーノを作っているイタリアより多いんですよ。そして、チーズ消費量もドイツはフランスやイタリアよりも多いのです。

でも、ドイツ料理で思い出すのは、お肉やソーセージでチーズをそんなに食べているイメージがないですよね。それというのもこのクワルクというチーズをたくさんドイツ人は食べるんです。ドイツのチーズ消費量の半分以上をこのクワルクが占めているそうです。クワルクは、フレッシュチーズに分類されるのですが、ヨーグルトに似た感じですが、ヨーグルトよりも断然濃厚です。濃厚といえばギリシャヨーグルトですが、更に濃度が高い感じです。

クワルク
クワルク

ドイツでは朝食にクワルクにジャムやフルーツ、ミューズリーなどシリアルを混ぜて食べます。ヨーグルトと同じですね。味も濃厚なヨーグルトといった感じですが、けっこうお腹にたまります。見た目も食べた感じもヨーグルトに近いチーズということになるかと思いますが、それじゃ、ヨーグルトとチーズの違いってなんだろう、、、と。ヨーグルトは牛乳(またはヤギ乳、羊乳など)に乳酸菌を加えて固めたものです。チーズは牛乳(ヤギ乳、羊乳など)にレンネットという酵素や乳酸菌を入れて固めたものです。クワルクは、生乳に乳酸菌を入れて発酵させてから熱をかけて凝固させるのです。クワルクのパッケージを見ると0%とか10%、40%などなど乳脂肪分が書いてあります。ダイエットしている時は、低脂肪のクワルクを食べたりするわけです。たんぱく質も摂れるし、カルシウムもビタミンも摂れるのでダイエットにはとてもいいですね。

クワルクジャム添え
クワルクジャム添え

上の写真では、クワルクにモーベンピックのジャムが添えてあります。モーベンピックのジャムは、きちんと作られたジャムという感じがして大好きです。果肉がゴロゴロ入っていて、甘いけど甘すぎず、、、。とてもおいしいです。クアルクは、濃厚なので口に入れるとかなりもったりしていて、ずっしりと重たいのです。それだけたくさんたんぱく質が入っているのだと思うので、運動をした後などプロテイン補給にはとってもいいと思います。スムージーにもできますよ。

クアルクはお料理によく使われます。サラダのドレッシングや魚のフライなどのディップなど。デニッシュの中に甘いクアルクが入っていたり、クリームチーズの代わりにクアルクを使ったチーズケーキもあります。

ローファットの料理を作りたいときにクアルクを使います。生クリームやクリームチーズは脂肪分が高いので、低脂肪のクアルクを使えば代用品になります。この前見たクワルクのパッケージは、パンにたっぷり塗ってある画像付きでした。バターの代わりに塗って食べるとダイエットにいいかもしれませんね。

それでは、クアルクを使ったレシピをご紹介します。

クアルクとディルのディップ

クアルク 200g

ディル 2~3本 できればフレッシュなもの、なければ乾燥したハーブでも可

きゅうり 1/2本

オリーブオイル 少々

にんにく 小1片

レモン 1/2~1/4個 お好みで量を調整してください

塩、コショウ 少々

1.ディル、きゅうり、にんにくを小さく刻みます。

2.1にほかの材料を全て混ぜてできあがり。

生野菜、お肉、魚のフライなどに合います。お試しを!

クワルクのディップ
クワルクのディップ
タイトルとURLをコピーしました