【フロマージュ・ダフィノア】ブリーよりもオススメする理由がこちら

スポンサーリンク
ダフィノア白かびチーズ
スポンサーリンク

こんにちは、ひびくらです。

このサイトは、日本や世界の美味しいチーズを紹介しています。世界中にいろいろなチーズがあるんですね。個性いろいろ!

今日は、私がとっても好きなチーズをご紹介します。

チーズは何でも好きですが、その中でもイチオシです。

見た目は、ブリーチーズに似ていますが、私はダフィノアの方が好きです。

理由はずばり、美味しいからです!当たり前か、、、。

【ダフィノア】をイチオシする理由

フロマージュ・ダフィノア
フロマージュ・ダフィノア

①ウルトラ・フィルトレーション

フロマージュ・ダフィノアは、フランス、ロワールで作られているチーズです。

ブリーのような見た目ですが、ブリーよりももっとマイルドでバターのような滑らかさです。

というのも、ダフィノアは、乳脂肪がたっぷり含まれているからです。そして、ミルクの中の脂肪分子を分解して分散させるウルトラ・フィルトレーションという技術を使っているので、テクスチャーが絹のように滑らかなんですね。

②熟成は短い

フロマージュ・ダフィノアの熟成期間は2週間と短いので、クセがなく食べやすいです。

クセがなくて食べやすいということは、お呼ばれの時に手土産で持っていったり、お友達を呼んだ時にワインのお供に出しても、チーズ初心者のみんなにも喜んでもらえるということです。

ブリーよりも食べやすいと思います。

③いろいろな飲み物、食べものに合わせられる

マイルドな味わいなので、赤ワイン、白ワイン、スパークリングワイン、ビールにもよく合います。

フレッシュフルーツも一緒に食べると美味しいです。もちろん、ナッツやドライフルーツも相性がいいですね。

赤ワインがすすむ【パヴェ・ダフィノア・アンブル】

パヴェ・ダフィノア
パヴェ・ダフィノア

パヴェとは、フランス語で石畳の意味。石畳のように四角いチーズです。フロマージュ・ダフィノアと兄弟ですが、パヴェ・ダフィノアの方が、少し脂肪分が少ないのだそう。

画像のパヴェ・ダフィノアは、アンブル(琥珀)という種類で、ウォッシュタイプです。

このウォッシュタイプのパヴェ・ダフィノアは、しっかり熟成させて、中身がトロトロになってからが食べごろです。

アンブレ
アンブレ

この画像だと、まだちょっと熟成不足ですね。もっと柔らかくなってスプーンですくいながら食べるのがGOODです。

中が熟成しているか見極めは、側面が凹んできたらそろそろです。

コクが合って滑らかで最高でした~。赤ワインが進みます。

お友達とダフィノアで乾杯しよう♪

食べやすくて、みんなの人気者フロマージュ・ダフィノア。

お友達とワインを開ける時にフロマージュ・ダフィノアとナッツとフルーツでおしゃれプレートを囲んで楽しみましょう。

美味しいお酒とチーズでみんなと幸せになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました