ボローニャ パスタとワインの旅

ボローニャワインショップ ワイン
スポンサーリンク

エノテカ イタリアーナで極上のトスカーナワインをゲット

今回は、ボローニャ編です。

前回のフィレンツェでは、盛りだくさんでしたが、ボローニャは、フィレンツェに行く中継地なのでワインを買いに行ったくらいなのです。イタリア、トスカーナのワインってとても美味しいですよね。とても大きなワインショップに行ったので、ご紹介します。上の写真は、ワインショップの一部なんですが、すごいワインの種類と量。店員さんはワインにとても詳しくて(当たり前か)英語も上手です。こういうワインが欲しいと伝えれば、選んでくれます。私は、トスカーナのワインが欲しいと伝えたところ、2本選んでくれました。

エノテカ イタリアーナ(Enoteca Italiana)

エノテカとは、地元のワインなどを飲んだり購入したりできるお店のことです。私は今回、お店でワインを飲まずに買うだけだったのですが、美味しそうなおつまみもショーケースにたくさん並んでいましたし、ちょっとゆっくりしたかったな、、、と後悔しています。

トスカーナワイン
トスカーナワイン

店員さんが選んでくれたのは、この2本。奮発してブルネッロディモンタルティーノ(右)を購入。イタリアワインの女王。貫禄ありますね。もう1本はトスカーナのワインでおいしいとオススメされたので購入。もっと買いたかったのですが、ワインは飛行機に乗る時にスーツケースに入れるので、ぶつかって割れたら嫌だし、重いので2本にしました。

味の方は、カステッロディラッダは、軽くフルーツの甘みを感じますが、しっかりとした味わいでとてもおいしかったです。受賞歴のあるワインなのだそう。さすがのおいしさ。ブルネッロディモンタルティーノは、これまた風格のあるワインで重厚でアロマがすばらしくとってもおいしい。バローロ、アマローネと並ぶイタリアンワインの最高峰です。チーズや生ハム、ボローニャハムと一緒にどんどん飲めてしまいます。

イタリアワインは、とても奥が深くておもしろいです。最近はシチリアのワインも興味があります。イタリアワインの歴史は長いですから、ローマ時代にはワインはすでに飲まれていましたし、最強だったローマ兵に支給されていたのだそうです。長い歴史と優良な蔵がたくさんいあって、栓を開けたらじっくりと味わいたいワインばかりです。

ボロネーゼパスタをしっかり食べてきましたよ。ひき肉がたっぷり入った濃厚なトマトソース。美味しかったのですが、残念ながらご紹介できるほど美味しいレストランではなかったのでここでは紹介できず残念です。

ボローニャからフィレンツェへ電車の旅

ボローニャから電車でフィレンツェに行く予定の方に情報を共有したいと思います。ボローニャの駅は想像以上に大きかったです。外観は、それほど大きくないので甘く考えていたのですが、かなり大きくてフィレンツェ行きの電車のホーム(19番線でした)までウロウロしました。16〜19番線は地下なのです。地下3階くらいまで降りたと思います。トレニタリアのウェブサイトから予約していったので、プリントアウトしたチケットを持って、案内のお姉さんに聞きました。案内のお姉さんはあちこちにいるので助かります。イタリアの電車は時間通りには来ないのでは、と思っていたのですが、10分遅れくらいで来ました。優秀ですね。ボローニャからフィレンツェまでは35分くらい。あっという間についてしまいます。フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅は、地上ホームのみでわかりやすいので安心です。しかし、混んでます。時間に余裕をもって駅に行っても20分くらい前にならないとどこのホームに電車が来るかわからないというところが、スリリングですね。日本では、考えられませんが。。。。

美味しいものがたくさんトスカーナ!

トスカーナは、美味しいものがたくさん!美味しいと噂のレストランは、7時前には満席になってしまいます。地元のお客さんでいっぱいでした。観光客相手のレストランもありますが、地元っ子で溢れているお店もあちこちにありました。美味しいものには、目がないトスカーナの人たち。だから美味しいものがたくさんあるんですね。そして、トスカーナのホスピタリティーは素晴らしかったです。おもてなしの心もいっぱい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました