蒸し暑い!!だがしかし、【冷たいワイン!ビールと!】夏に食べるチーズ6選!

スポンサーリンク
cheese boardチーズレシピ
スポンサーリンク

こんにちは!ひびくらです。

日本の夏は暑い!蒸し暑い!!

食欲がわかなくて、そうめんばかり食べていませんか?

暑くてチーズなんて食べる気になれない、、、そうですよね。そうなんです。

私が、チーズ屋として働いていた時、夏の間チーズ売れませんでしたね。地獄の8月でした。もう、いっそのことお店を閉めてどこかに旅行に行ってしまってもお客さんは困らんだろう、、、と思うくらい。

しかし、夏こそチーズを食べてもらいたいですね。

夏バテ防止、栄養補給には、最適です。

では、どんなチーズが夏に食べて美味しいのか?多角的な視点で検討していきましょう。

Here we go!

飲み物と合わせるチーズ編

夏に好まれる飲み物を合うチーズをご紹介します。

【キンキンに冷えたビール】

夏はやっぱりビールですね。ビールに合うチーズは、ズバリ、チェダーです。

チェダーは、コクがあってしっかりした味わいなのでビールに合うんです。チェダーチーズのブロックを買ってきて、一口サイズにカットするだけ。これに枝豆があるとバランスが良くなって更に良しです。

最もおいしいのは、本場イギリス産のチェダーチーズです。コクといい口溶けといい最高です。

まあ、ちょっと高いですけどね。。。

コスパに優れたチェダーチーズは、ニュージーランド産です。

スーパーやKALDI(カルディ)でよく見かけると思います。お値段控えめで、入手も簡単。ねっとりとしたコクと軽い酸味がビールにベストマッチ。

ビールを飲むならもうひとつおススメしたいチーズがあります。

ゴーダのスモークです。

コクのあるゴーダチーズをスモークしたものですが、とってもビールに合います。オランダ産のゴーダのスモークチーズが一番おいしいですよ。

【しっかり冷やした白ワイン】

シェーブルのサラダ
シェーブルのサラダ

暑い日に飲む冷たい白ワイン、最高です!特に一口目が美味しい。最高の一口目のためにもしっかりと冷やしておくことをおススメします。

しっかり冷えた白ワインに合うのが、ヤギのチーズ。シェーブルとも言います。

ヤギのチーズは、軽い酸味があって夏の暑い時期でも食べやすいです。特にサラダに盛り合わせる食べ方は、ヨーロッパなどで好まれています。

ヤギのチーズとアボカドを混ぜてグリーンサラダにのせるだけで、とっても美味しくておしゃれな一品になります。作り方はこちら

夏におススメのヤギのチーズは、フレッシュタイプのものです。

【赤ワイン】

フランス人は、暑い夏でも生ぬるい赤ワインを飲みます。日本の夏より涼しいヨーロッパではありますが、最近は、アフリカからの熱波が来るようになり、35℃を超える日もあるんですが、そんな日でも赤は冷やさないのです。

ぐったりするくらい暑い日に生ぬるい赤ワイン。赤ワインは美味しいですけど、冷たいものが飲みたくなるのが人情というもの。

スペインの南では、赤ワインは炭酸水で割って氷をたくさん入れて飲みます。Tinto de verano 夏の赤 という飲み物です。フランス人に怒られそう。さっぱりしてとても美味しいですよ。お試しあれ。

赤ワインにぴったりな夏のチーズは、ブルーチーズ(青かびチーズ)です。

ブルーチーズといっても色々ありますが、おススメはシュロップシャーブルー。珍しいチーズですが、とってもおいしいイチオシのブルーチーズです。

シュロップシャーブルーが入手困難な場合、ゴルゴンゾーラ・ドルチェもおススメです。ブルーチーズの中でもクセがなくて食べやすいチーズです。クリーミーでとっても美味しいですよ。

暑い地域の人が食べてるチーズは?

南イタリア

暑い地域といっても南イタリアのお話です。

南イタリアは、ヨーロッパの中では暑い地域です。実際、暑いなー!感じます。日本のように蒸し暑い感じではないですが、日差しがとても強く、クーラーが確実に必要な地域です。

日本にいるとクーラーがあるのが当たり前ですが、ヨーロッパ北部ではクーラーはありません。クーラーがあるのは、全世帯の5%と聞いたことがあります。ほぼクーラーがありません。なくても夜は涼しいし、湿気もないので日陰ならわりと涼しかったりします。

日本並みに暑い南イタリアでよく食べられているのが、モッツァレラチーズです。リコッタチーズもよく食べます。非熟成、フレッシュチーズがたくさん食べられています。

モッツァレラチーズは塩分が少ないのですが、イタリア人はそのまま食べます。

オリーブオイルかけたり、塩振ったり、コショウかけたりしません。新鮮なモッツァレラチーズは、それ自体ミルクの甘みと旨味があるので、そのまま味わうのが一番美味しい食べ方なのだそうです。

鮮度が命なのですね。

とっても美味しいできたてモッツァレラチーズを味わう南イタリアチーズ旅はこちらの記事に書いてあります。

ギリシャ

ギリシャは行ったことないですが、ヨーロッパの中では南に位置します。

ギリシャの夏は40度を超えることもあるのだそう。

そんなギリシャで食べられているのが、フェタチーズです。

フェタチーズは、羊もしくはヤギの乳から作られます。

とても塩味が強く、ぼそぼそとした舌触り。ねっとりとしていないところが、夏にはうれしいです。

クセはあまりなく、コクがあってとても美味しいです。

私は、サラダにのせて食べます。とても塩気が強いので、ドレッシングの代わりになります。あとは、コショウを少々と良質なオリーブオイルをかけるだけ。

フェタチーズは、オリーブオイル漬けになった瓶詰のものもあります。

こちらもとても美味しいのでおススメです。

まとめ

いかがでしたか?

暑い夏を乗り切るために、チーズをたくさん食べましょう!

チーズには、夏の疲れをとる栄養がたっぷり詰まっています。

そうめんなど炭水化物ばかりの食事になりがちですが、タンパク質とビタミン類を含むチーズを美味しく食べて、元気に過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました