【南イタリア チーズ旅!】3日目!

スポンサーリンク
イタリアチーズ屋さんその他
スポンサーリンク

今日は、ルティリアーノの街のチーズ屋さんに買い物へ。

たくさんあるチーズの中から店主のおじさんのアドバイスを受けつつ、チーズを選びました。

チーズやハム、ソーセージなどが冷蔵ケーズにぎっしり。私たちがお店にいる間にもお客さんが、やってきて、パニーニを注文していました。

お店のチーズとハムを切ってパンに挟んでくれます。パニーニをランチ用に注文したらしい男性客は、赤ワインも一緒に買っていました。

切りたてのハムとチーズを挟んだパニーニとワインかぁ、、、おいしそうだぁ!やっぱりハムやチーズは切りたてがおいしいんですよ。スライスチーズも便利でいいけど、切りたてのチーズはごちそうです。

チーズ屋さんのおじさん

チーズ屋さんのおじさん

ハムをもってにっこりするおじさん。笑顔が素敵です。

今日はさらにフレッシュチーズ作りに挑戦します。

まだ温かい搾りたての牛乳を火にかけて、凝乳酵素を入れてかき混ぜます。しばらく置いて杏仁豆腐くらいに固まったら、へらでぐるぐる混ぜて、沈んだ固まりを手で絞って出来上がりです。

時間はそれほどかかりません。小1時間といったところ。

チーズを作るには、殺菌していない搾りたての牛乳が必要なのです。おいしいチーズを作る肝かもしれません。

チーズ作り

チーズ作り

出来立てを試食。シコシコとした噛み応えあるチーズに仕上がりました。

ルッコラ入り

ルッコラ入り

プレーンチーズとルッコラ入りのチーズを作りました。

新鮮な牛乳で作るチーズ、牛乳の甘みを感じるとってもおいしいチーズです。

何もかけずに、もしくは少しだけオリーブオイルをかけていただきます。

イタリアのこのあたりでは、日曜日に親族一同が集まって食事をするのだそうです。

手作りチーズを持ってくる人もいるとのこと。チーズを作るのは日常的なことで出来立てチーズを食べるのも普段のこと。

日本のお豆腐と似ているなと思いましたが、手作りのお豆腐はあまり日常的ではないので、イタリアのチーズの方が、生活にしっかり入り込んでいるような気がします。

おいしいチーズをお腹いっぱい食べました。もっと食べたかったけど、お腹がいっぱいで入りませんでした。食いだめはできない、という悲しい現実。

南イタリアの食は、贅沢です。

新鮮なものをおいしく食べる術を持っています。チーズもおいしいですが、野菜やフルーツもとってもおいしかったです。

美しい自然と新鮮な食材、素晴らしい世界遺産もあるし、ワインももちろんおいしい。

ミラノやフィレンツェ、ローマなどなど見所いっぱいのイタリアの中で、南イタリアまで足を延ばすのは、どうしよう、、、と悩んでいる方、おススメです。

心が洗われます。

タイトルとURLをコピーしました