トム・ド・サヴォア 山で作られる滋味あふれるチーズ

トム・ド・サヴォア丸 ハードチーズ
スポンサーリンク

こんにちは!hibino-cheeseです。

このサイトでは、美味しくて個性的なチーズたちを紹介しています。また、チーズのレシピ、食べ方、保存方法なども書いていますので、読んでいってくださいね!

今日のチーズは、トム・ド・サヴォアです。ハイジの1シーンに出てきそうな、山のチーズ。

地味な感じのチーズですが、しっかりと熟成されてとても美味しいですよ!

焼いても美味しいので簡単レシピを紹介します。

トム・ド・サヴォア 山で作られる滋味あふれるチーズ

トムは、小型のチーズのことを差します。サヴォアは、フランスの南東部の地域の名前で、サヴォア地方にはヨーロッパ最高峰のモンブラン、レマン湖もあります。サヴォア地方の小型のチーズがトム・ド・サヴォアです。

トム・ド・サヴォアは、バターを作った後のミルクで作られるので脂肪分は低めです。が、とてもコクがあってむっちりとした美味しいチーズです。

トム・ド・サヴォアカット
トム・ド・サヴォアカット

外皮がは、灰色というか茶色の分厚いカビなのです。チーズの成形が終わると塩水に漬けてから熟成させるのでこの特徴的な外皮ができるというわけです。匂いもかなりカビ臭くて、しっかり熟成させたんだなと感じられます。

外皮は、硬くて味も美味しくないので食べません。中身だけをいただきます。身の部分は、熟成により引き締まっています。もちもちとしてコクがありとても美味しいチーズです。赤のボジョレーと合わせて熟成させたチーズの美味しさを味わいましょう。

トム・ド・サヴォアのタルティフレット風

トム・ド・サヴォアは、焼いても美味しいので、焼いて食べる簡単レシピをご紹介。

タルティフレットは、サヴォア地方の料理で本来ならばルブションを使うのですが、トム・ド・サヴォアでも美味しくできます。ルブションもトム・ド・サヴォアもサヴォア地方のチーズなのでサヴォア地方の料理に合うのですね。

タルティフレットは、ひらたくいうとジャガイモのグラタンですw

材料<2人分>

  • じゃがいも 3個
  • トム・ド・サヴォア 150g
  • ベーコン 100g
  • たまねぎ 1/2個
  • 生クリーム 100g
  • 塩、コショウ 適宜
  • バター 大さじ1/2
  1. じゃがいもは、5㎜にスライスする。ベーコンは、薄切りのものなら5㎜幅に切る。ブロックのものは、1㎝角のさいの目に切る。玉ねぎは薄切りにする。
  2. じゃがいもを柔らかくなるまで茹でる。もしくは、電子レンジで500W 4分間。
  3. バターをフライパンに入れて、玉ねぎを炒める。続いてベーコンを入れて炒める。
  4. 3.にクリームを入れて塩、コショウする。
  5. じゃがいもを耐熱皿に敷き詰めて、上から4.で覆う。
  6. トム・ド・サヴォアをスライスしてのせる。
  7. オーブンでチーズが溶けるまで焼く。

Tips! じゃがいもをマカロニにしても美味しく作れます!

熱々のタルティフレットを囲めばおしゃべりもはずみますね。サヴォア地方の赤ワインで楽しみましょう。

素朴なチーズのミルキーな味を楽しめる1品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました